広告
カレンダー
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
アーカイブ
カテゴリー一覧
1.1chホームシアター プレゼントキャンペーン
憑物語読みました(ネタバレありかも)
評価:
西尾 維新
講談社
¥ 1,365
(2012-09-27)

 西尾維新によるライトノベル作品、化物語シリーズ13作目「憑物語」を読みました。
例によって発売日の前日27日に、新宿の紀伊國屋書店で購入しました。
お店によっては前々日に発売していたところもあったそうですが、前回前日に購入した上板橋 TOBU BOOKSでは売ってませんでした。

 ちなみにこの巻は久々に「憑き物」と「物語」のダジャレタイトルでした。…つか、終物語もオワリモノガタリでなくシマイモノガタリにしたらダジャレになるのでは?と思いました。

 物語の感想ですが、今回はこれと言った謎やギミックはなく次の巻への繋ぎになる話という感じでしたので、ネタバレを注意せずに書きます。
 今回の語り部は「阿良々木暦」。「斧乃木余接」を軸にした物語だった(かなあ?)ので「影縫余弦」の語り部も期待してたのですが残念。
主な登場人物は、阿良々木暦、忍野忍、斧乃木余接、影縫余弦、ファイヤーシスターズの二人で、偽物語の延長って感じでした。
 時間軸としては「恋物語」の後「花物語」の前といった辺りで、やはり学習塾跡炎上のエピソードは語られませんでした。
ぼくは、忍野扇を中心とした暗澹とした物語の方に西尾維新らしさを感じていたので、このまま語られずに行っても良いかなと感じてますが。

 猫物語から始まるセカンドシーズンのテーマが各登場人物の怪異譚からの卒業と感じましたが、ファイナルシーズン最初のこの巻ではいよいよ阿良々木暦の吸血鬼・怪異譚からの卒業が語られはじめました。
 個性的で異端な人間の生き方を象徴したような怪異と学生時代に出会い、それらを異常な許容量で受け入れていた阿良々木暦が、卒業に向けて「普遍的な生き方」を忍野扇によって押しつけられていくのは鬼物語でも描かれていましたがファイナルシーズンではさらに露骨になっていきます。
それに対して阿良々木暦がどういう答えを出すのかがこれからの見所かなと楽しみにしています。

 選択のヒントになるのが、忍野 メメ、貝木 泥舟、影縫 余弦、臥煙 伊豆湖といった大人達の生き方なのかなと感じ、憑物語の中では、忍野 メメこそが「普遍的な生き方を強制する」存在に対して、上手く立ち回れると語られてましたが、果たしてどうなる事やら。

…ということで、引き続きファイナルシーズンを楽しみにしています。
| 作品レビュー | 13:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
同人ゲーム「うみねこのなく頃に 散」が面白かったです(ネタバレあり)
 同人サークル 07th Expansionによる同人ゲーム「うみねこのなく頃に 散」が面白かったです。
今回は(展開編)ということで、原作・原案・総監督の竜騎士07さん曰く、「謎は全て解けた」という段までは描いたとのことでした。
 ちなみにぼくは、トリックは3割くらいしか理解してないと思いますが、それでも「知りたいこと」は知れて、充分に楽しむことが出来ました。
ぼくが知りたかったことは、「犯人は誰か?」「犯人は一連のゲームで何がしたかったのか?」で、その程度までは理解出来たと思っています。
…まあ、思っているだけでは不安なので、「最終考察 うみねこのなく頃に」を購入して答え合わせをしましたが、まあだいたいあってました。

 レビューなどを見ていると「まったく分からなかった」とか「分からないことがストレスになった」みたいな意見をちらほらみますが、普通にやれば分かると思うし、仮に分からなくても充分に面白いというがぼくの意見です。

 ぼくはミステリーに疎く、この作品を戦人とベアトリーチェのラブストーリーとして楽しんでいました。
謎も解かずミステリーの作法を知らない人間がどうやってこの作品に納得したかを紹介したいと思います。
…以下、多少のネタバレがあるかも知れません。
続きを読む >>
| 作品レビュー | 02:44 | comments(0) | trackbacks(0) |
小説「機動戦士ガンダムUC」が面白かったです(ネタバレあり)
 福井晴敏による小説「機動戦士ガンダムUC」が面白かったです。
アニメ版も、5月19日にepisode5「黒いユニコーン」がイベント上映されるなど非常に盛り上がっていますが、ひとまず小説にて物語を楽しませて頂きました。

 以下、ネタバレありで書きます。
続きを読む >>
| 作品レビュー | 18:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
大河ドラマ平清盛を観ました
 初回視聴率が歴代ワースト3位とニュースなっている大河ドラマ平清盛を観ました。
視聴率に関しては年々下がりニュースになるのも恒例ですが、前年作品の影響も大きく一概にその作品の人気を現しているとは思ってないのですが、ぼくも第一話は面白くないなあと感じました。
 忠盛が過剰に惨めになっているのが観ていてきつかったです。
武士の頭目らしい剛胆さを描くシーンもあるのですがなんかとってつけた感じで、全体的に神経質で卑屈な印象ばかりが残りました。

 などとぼくは上手に楽しめなかったのですが、それは娯楽として如何なものかと思い調べていると興味深いブログを発見しました。

大河ドラマ「平清盛」第1回:ふたりの父・感想: 今日は何の日?徒然日記

 ブログを拝見した感じ、歴史やその時代の文化にも詳しい方で、平清盛に関しても多くの知識をお持ちのようです。
そんな方が「平清盛」を高く評価してらっしゃったので記事に目を通すと、ふむふむなるほどと納得しました。
 今年はこのブログをガイドにしつつ、大河ドラマを楽しみたく思います。
| 作品レビュー | 21:53 | comments(0) | trackbacks(2) |
映画「月に囚われた男」観ました
評価:
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
¥ 1,630
(2011-02-23)

 ダンカン・ジョーンズ監督の映画「月に囚われた男」を観ました。
衝撃的な謎を少しずつ、それでいてテンポ良く解き明かしつつ、テーマは人間の探究という作品で、これぞハードSFって感じでした。
海外の小説ではこういう作品が沢山あるのですが、映画では結構珍しいのではないかと思います。
 人工知能ロボット、ガーティの芝居が素晴らしいなあと思っていたら、声がケヴィン・スペイシーということで納得。
彼の芝居によって映画にものすごい奥行きが出来たように感じました。

 低予算で作られた事が評判らしいですが、出来は大変素晴らしく、今後こういう作品が増えると良いなあと期待しています。
(観た日:2012/01/04)
| 作品レビュー | 12:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
映画「プレシャス」観ました
評価:
Amuse Soft Entertainment =dvd=
¥ 1,980
(2010-11-05)

 サファイアによる小説「プッシュ」原作、リー・ダニエルズ監督の映画「プレシャス」を観ました。
 1980年代後半アメリカ貧困層の過酷な環境で生きる肥満した16歳の黒人の少女・プレシャスの教師との出会いを描いた作品です。
喪失感にあふれた作品で安心の美談として楽しめない怖さがありますが、不思議と絶望感はないという作品でした。
これはプレシャスの現実逃避妄想のビジュアル化、マライア・キャリーやレニー・クラヴィッツという浮き世離れしたキャスト達の活躍が非常に影響しているんだろうと思います。

 プレシャスを虐待する母親役を演じるモニークの芝居が素晴らしく、病的で鬼気迫るものがあると感じると同時に、彼女の話を聞いたマライア・キャリー演じるソーシャルワーカーが頭を抱えるシーンの「うわー、駄目すぎる」みたいな描写で追い詰められない安心感がありましたが、この辺りモニークがコメディアンという影響もあるように感じました。

 観ていて体力を奪われ悲惨な描写も多い作品で気軽には勧められないけれど、(余所の批評でよくこの作品と比較されている)ダンサー・イン・ザ・ダークが完全アウトだとすると、まだギリギリセーフだと思います。
(観た日:2012/01/04)
| 作品レビュー | 13:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/1PAGES |