広告
カレンダー
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
アーカイブ
カテゴリー一覧
1.1chホームシアター プレゼントキャンペーン
<< DJパーティYoh!Kai30を開催しました | main | 販促ツールを買うお客様 >>
映画「英国王のスピーチ」が面白かったです
 イギリスの歴史ドラマ映画「英国王のスピーチ」が面白かったです。
吃音症と向き合う英国王を描いた作品で、ジョージ6世(アルバート王子)と言語聴覚士ライオネル・ローグの治療と友情について描いた作品です。

 ドイツのポーランド侵攻を受けて、吃音症の国王が国民を鼓舞する演説をラジオの生放送で行うという非常にドラマチックなエピソードがクライマックスにはありますが、そんな歴史的な事件よりも、人間関係や吃音症と向き合うジョージ6世こそを中心に描いています。
 このスタイルは今時で、自分自身の日々の問題を地道に解決することこそが重要でありそれこそが社会や歴史というコミュニティの大問題を解決するに至る方法であると語っているように感じます。
それまでのコミュニティの英雄になることで個人としての幸せもまた自動的に得られるという考えが大きく変わったのだなと感じました。
 こういうテーマの作品が第83回アカデミー賞作品賞受賞というのは、世の中の価値観がそれまでのコミュニティの価値への傾倒によりないがしろにされていた個の幸せが再注目されているようで、ぼくは小気味良く感じています。
| - | 18:34 | comments(2) | trackbacks(1) |
コメント

面白かったですよねー!
自分も吃音で悩んでいた一人なので、心境が共感できた点が凄く嬉しかった?です。笑

なんとなくの通りすがりでした!
記事楽しみにしてますね!
| 吃音芸能人 | 2012/05/24 8:20 PM |
ありがとうございます!
ふつつかなブログですがよろしくお願い致します♪
| .中尾治人 | 2012/05/26 10:32 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.haruhi.to/trackback/939151
トラックバック
子供がどもりになって・・悩んでます。
6週間以内に吃音(どもり)を克服し、不安のない人生を手に入れられる、これまで300名以上の吃音者に支持されてきた特別なプログラムをあなたにお教えします。
| 吃音(どもり)完全克服プログラム | 2012/07/07 12:51 PM |