広告
カレンダー
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
アーカイブ
カテゴリー一覧
1.1chホームシアター プレゼントキャンペーン
<< 2013年08月01日のつぶやき | main | 2013年08月02日のつぶやき >>
天空の城ラピュタを観ました
 Twitterのバルス祭に加わりたくて、日テレで放送されていた「天空の城ラピュタ」を観ましたが、やはり面白かったです。
 宮崎アニメの中でも一番好きで何十回も観てますが、毎回新たな発見だったり、年齢に応じて感想が変わって凄いなあと思わされます。
 ということで、あえておっさん臭いポイントについて書いてみます。

 ぼくは宮崎アニメのナウシカ前後には大きな違いがあると思っていて、ナウシカ以降「自然の素晴らしさ」みたいなものが加わり、それが宮崎アニメは大人が子供に向けて語るに相応しいみたいなポジションを得たように思います。

 ただ宮崎駿のコメントなどを見ると自然の素晴らしさに関心があるのではなく、人間、特に大人とか社会がキライだから廃墟が好き、大人に牛耳られていない場所としての自然が好きで、そこでは子供がのびのびと過ごせる楽園なんだ…みたいな歪んだもののように感じます。
 その辺りを露骨に描いていて、観る人間もそう思って観ていたのが「未来少年コナン」だったと思います。

 ナウシカ辺りから加わった演出だったりテーマは、ぼくの場合は「公害に対する反省」だったり「失われる自然」みたいなものが呼び起こされ、「自然の素晴らしさ」ではなく「人間の罪深さ」を感じていました。
 そういう意味で、ラピュタのクライマックス「バルス」のシーンは、「罪深い人間の責任を子供に取らせるって切ないなあ」と思っていましたが、今回、宮崎駿の大人嫌いを加えて考えると、兵器としてのラピュタとムスカという罪深さの象徴を、子供のシータとパズーが一言でたたき壊して、そんな二人を自然が助けてくれたというのは、何とも痛快だなあと、子供の頃何にも考えずに観て思ったことに戻りました。

 てな具合に、未だ観るたびに受け取り方がどんどん変わるラピュタは、これからも毎年観たいなあと思いました。
| - | 01:34 | comments(0) | trackbacks(1) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.haruhi.to/trackback/939754
トラックバック
【社会】 "犬猫の個体を識別できるマイクロチップの装着義務化を検討" 捨て犬・猫を半減、動物愛護指針を改正へ…環境省
★捨て犬・猫を半減=動物愛護指針を改正へ―環境省中央環境審議会(環境相の諮問機関)動物愛護部会は2日、飼い主に捨てられる犬や猫を減らし、自治体による引き取り数を2023年度までに11年度の半数以下となる...
| 【2chまとめ】ニュース速報+ | 2013/08/03 2:01 AM |